交換の手間がないのがメリット!!節約メリットを知って交換しよう!!

一度設置すると交換の手間が少ない

LED照明が登場する前、照明といえば白熱電球か蛍光灯を利用していました。蛍光灯は明るさの割には電気の使用量が少ないなどのメリットがありました。白熱電球は手軽に照明を得たいときに使いやすいアイテムです。どちらにも言える問題として、寿命がそれなりに早い点があります。1日を通して使うようなところでは、1年も使えないでしょう。LED照明は初期コストがかかる難点があります。しかしそれ以外は白熱電球や蛍光灯よりもメリットがあります。蛍光灯よりも電気を使わないので、電気代が節約できます。非常に長寿命なので、一度設置するとそれ以降の交換の手間があまりいりません。オフィスや商業施設など、たくさんの照明を使うところだとかなりメリットが得られるでしょう。

蛍光灯と白熱電球との差を知っておく

これまで照明のメインとして、白熱電球と蛍光灯が使われてきました。LEDによる照明器具が登場してから、どんどん切り替えようとの話が出ているかもしれません。ただし、必ずしもすべての点デメリットがあるわけではないので、十分検証した方がいいでしょう。白熱電球とLED電球は、電気代で大きな差があります。寿命を考えると、一つ数千円するLED電球でもすぐに元が取れます。一方蛍光灯は意外に消費電力を使いません。LED電球の2分の1程度とされます。寿命はLED電球よりも短いですが、何といっても価格が非常に安いです。LEDタイプの照明に切り替えたとしても、すぐに元が取れるわけではありません。節約目的なら、すぐに交換する必要はないかもしれません。

LEDライトパネルとは、高輝度白色LEDをパネル側面に使って看板をライトアップさせるパネルのことです。