CADを習得することで経験できる様々な仕事

CADを活かせる仕事

これから需要が高くなるCAD経験者には気になることでしょう。現在は様々な業種で使われているので選択肢は広がっています。

多いのは土木、建設関係の仕事

一般的な建物や病院、学校などの公共施設まで全ての建設物が図面をもとにして作られています。道路や橋、トンネルにも図面は必要なものです。建設業界では設計といわれる作業を専門のCADを使って行っています。建設業界でCADを使って仕事をすると日常的にPC画面で図面を書いたり、直したりします。過度期には遅くまで仕事をすることも少なくありません。なぜならば、図面が出来上がらないと建設作業が始められないからです。仕様や設計が変更になり、図面の修正が発生することは多く、日々設計者とCADオペレーターでのう打ち合わせが行われています。
発注者の要望も聞き入れて対応できる素敵なCAD技者を目指しましょう。

人気があるCADの仕事

企業は専門のCADスキルを持ったひとを重宝しているので、CADオペレーターや設計技術者の求人は人気があり、競争率が高いです。
一つの企業で多くのCADオペレータを採用することは少ないので、狭き門となっているのが現状です。
方法として大手の派遣会社に所属して、技術として客先の常駐するタイプのCADオペレーターになることです。実現すれば、大企業の社員と一緒に働くことができて、CADスキルの専門性も高めることができます。派遣社員としていろんな現場を経験して能力を多様に高めていけば、自分のスキルを武器にいずれは独立なんてことも夢ではないです。

電気CADとは、電気工事に必要な図面を作成するための設計支援システムです。電気施設の図面作成に特化した機能が搭載されているので、手作業はもちろん、汎用CADに比べても、作業時間の大幅な短縮が可能です。