酸処理の目的や注意点及び関連工法の概要について

酸洗いの目的と関連注意事項等

酸洗いは、熱処理された金属製品に付着するスケールと呼ばれる酸化被膜や、錆、不純物等を、塩酸、硫酸等、危険な酸性溶液を使って洗浄することであり、化学洗浄処理の範疇に入るものです。通常、金属にメッキ処理を施す場合は、その工程の前に必ず酸洗いを行い、スケールや錆を確実に除去して、メッキの際に密着不良が起こらない様にします。また、チタンのバレル研磨処理を行う場合も、酸洗いで酸化被膜を取り除かないと光沢が出ず、工程に遅延が生じます。酸洗いを行う場合は、塩酸、硫酸等の危険な酸性溶液を利用するため、工場設備の安全対策が十分に図られている必要があります。また、酸洗い処理の後の工程では、酸洗い後の金属が錆を生じ易い環境下に置かれるため、通常防錆処理が行われます。

エッチングの概要、目的等

エッチングは酸洗いと同様の酸を使った金属加工方法の一種です。冷間圧延等の常温における金属加工の際に生じる、変質した不純物を除去するために使われる工法です。使用する部分にだけレジスト処理を施し、不必要な部分は、溶解浸食させて取り除く方法で行われます。

化学洗浄処理の概要等

化学洗浄処理とは、酸洗い等による酸処理の他、アルカリ性溶剤、その他の化学性溶剤、純水、界面活性剤等を利用して、汚れ、汚染を除去する方法で、鉄、ステンレス、銅、鋳鉄、ライニング菅、アルミ、塩ビ材等多岐の設備剤への利用を網羅しています。化学洗浄処理の主な目的は、防錆、洗浄、塗装の前処理、油脂分の除去・洗浄、機械加工の前処理、製品価値の向上、製品機能の回復、傷や腐食の発見等となります。

酸洗いをすることで不純物やゴミを取り除くことが出来るので、金属加工がしやすくなりますが直ぐに加工を施す必要があります。