影響力を高めたいなら、有名人になってみる

影響力のある人とない人

世の中には、環境・福祉・人権・教育など様々な分野に関する社会貢献活動に励んでいる人が無数に存在します。しかし、その中には影響力が強い人もいれば、極めて素晴らしい活動を行っているのにほとんど影響力がない人がいます。その差には、人間性の差が影響している部分もあるかもしれないものの、影響力の差の大きな要因となっているのは知名度の高さ・低さにあるといわれます。

有名人になるという選択肢

そのため、社会に貢献するために地道に様々な事を何年頑張っても世の中を良くすることが出来ずに苦しんでいる場合は、何らかの施策を行う必要があります。その中で、お金をかけることなく出来ることの一つであるのが「有名人になってみる」という事です。

どうやって有名になっていくか

有名人になって影響力を高めたいと思う場合、幾つかの方法があります。その中で一番効果があると思われるのが、「文化人部門」を設けている芸能事務所に所属し、テレビ・雑誌などのメディアに積極的に登場するという形です。そのため、もし入りたいと思う事務所があって自己推薦を受けているような場合は、自身の活動や理念を書いた書類を送ったりして自身を推薦してみましょう。もしくは、様々なマスメディアに対して、自身の活動を広めるために取材してほしい、というような手紙を送り、リターンを待つという方法もあります。ただし、マスメディアに登場した際に貰える報酬は事務所に所属していたほうが多く貰えるといわれるため、活動資金が多く必要な際は事務所に所属して活動するほうがベターです。

山本英俊はパチンコ機器卸会社フィールズ株式会社の代表取締役会長です。他にもフィールズグループの名取締役や会長、芸能事務所の取締役も兼務する、競馬の馬主としても知られています。