女性器整形のメリットとデメリットを徹底解説!

女性器整形のメリットとは?

女性器は、普段人目にさらされるものではありません。ですが、女性器の形や色、大きさは人によっては大きなコンプレックスであり、そのために好きな人との交際に踏み出せないという女性もいます。女性器整形は、そのような女性のコンプレックスを解消することができます。

また、女性器によっては、下着に擦れてしまうこともあります。女性によっては、自転車や椅子に座った時に違和感を感じる人もいます。女性器整形によって、そのような日常の違和感をなくすことも可能です。

人に見られることのない部分の整形なので、整形したことを他人に知られないこともメリットの一つです。人にばれることなく、自分のコンプレックスを解消することができるのは魅力てです。

女性器整形のデメリットとは?

女性器整形のデメリットは、保険適用ではない場合が多く費用が高額になることです。外傷や病気等の理由がなく美容目的の場合は健康保険の適用外の為、手術費用が自費になってしまいます。例えば、小陰唇の大きさを小さくうる手術の場合は、15万円~30万円程度の費用がかかると言われています。

その他のデメリットとして、女性器整形を専門とする医師が少ないことがあげられます。悩んでいる人にとってはとても大きな悩みですが、分野としては非常にマイナーなため、専門に行う医師や病院が少ないです。デリケートな悩みであることから、女性医師を希望する方が圧倒的に多いですが、通える範囲には病院がなかったり、あっても男性医師しかいないという場合もあります。少しずつ、女性器整形をしてくれる病院も増加し、女性に配慮した診療体制になっているので、病院情報を頻繁にチェックしてみることもおすすめです。

女性器整形はデリケートな場所の美容整形手術です。陰唇、小陰唇を切除して形を整えたり、膣を縮小させたり、クリトリスの包皮を形成するなどの手術があります。