こんな症状で悩んだら! 心療内科に相談しよう

こんな症状が一定期間続いたら要注意

毎日の暮らしのなかで、誰でも多かれ少なかれストレスを受けています。ほとんどの場合はストレスを意識することなく回復したり、きちんとした食事や睡眠で回復したりしますが、うまく回復できない場合もあるのが実情です。このような状態になると、いくつかの体調不良が生じます。具体的には、よく眠れない(寝つきが悪い、途中で目が覚める)、気力がわかない、大好きな趣味から遠ざかるなどの症状です。これらの症状が二週間程度続くなら、心療内科に相談してみてください。軽度のうつ病になっている可能性があります。自分で症状を実感できない場合もあるので、家族や友人で体調が悪そうな人がいたら心療内科へ相談するよう促すのも有効です。

心療内科の通院イメージ

心療内科に行ってみようと思ったら、近所の病院を調べてください。初診は予約が必要な病院もあります。なぜ予約が必要かというと、初診では自分の体調や生活環境についてじっくりと医師に伝える必要があるからです。医師はその情報をもとに、生活改善のアドバイスや必要であれば薬の処方をしてくれます。薬にはいろいろな種類がありますが、解熱剤のように飲めばすぐに効果が発揮されるとは限りません。一定期間飲み続けなければいけないタイプもあるので、診察を受けるたびに体調変化を医師に伝えましょう。場合によっては薬を変更することもあります。体調によっては「学業や仕事をしばらく休んだほうがよい」という主旨の診断書が出されることもあります。体調を回復させるためにも、休むべきときにはしっかりと休みましょう。

岡山の心療内科をお探しの方はホームページなどでクリニックの特徴を調べ自分に合った心療内科を探しましょう。