相場はきちんと調べた?本体以外に何を持って行けばいい?

基本的な相場を調べておく

腕時計にはいろいろあり、安いものは100円ショップでも売られています。一方高級となると数万円以上のものから、数百万やそれ以上のものもあります。いわゆるブランド物といわれるものは中古でも欲しい人がいるので、中古市場があります。必要ない腕時計があるなら、買い取ってもらえる可能性があります。ではいきなり業者に持ち込んで業者の言うがままの価格で買い取ってもらうかですが、それだと本来の価値以下で買い取られる可能性があります。まず買取してもらう予定の時計の基本的な相場を調べておきましょう。基本的な相場は、付属品などがすべてついていて動作に問題がなく、傷などもついていない状態でいくらで買い取ってもらえるかの価格になります。

ケースや保証書の他、メーカーの袋も用意する

高級な腕時計をメーカーの代理店で購入するとき、本体はそのままの状態で販売してもらえます。代理店と言っても、メーカーが直接売るのと同じような状態です。保証書などがついていて、その保証書があればメーカーに修理を依頼したりオーバーホールの依頼などができます。時計の買取をしてもらうときには、買ったときの状態にいかに近づけるかが高値買取の基本になります。保証書はもちろんですが、ケースであったり、余ったベルト、その他ゴミのようなものもすべて残しておいてすべてつけて持って行くようにします。代理店だとメーカーの袋に入れてくれる時があります。その袋があるとプラスアルファーで査定してもらえる可能性がるので、袋も持って行きましょう。

高級時計のトップクラスであるロレックスの買取は、日本だけでなく世界中で認知度や人気が高く、それが需要となり価格に反映します。生産が終了しているモデルは希少価値が高く、思わぬ高値が付くものもあります。