自力?治療?膣のゆるみを改善させるには?

膣は老化などでゆるむ

パートナーに指摘されたり、自身で膣が緩んできたと感じる人は多いです。

膣は盤底筋群の筋力低下などによりゆるみが生じますが、盤底筋群の筋力低下は老化などで生じやすいものです。膣のゆるみは自力でゆるみを改善する方法とクリニックで治療する方法がありますので、自身に合った方法を選びましょう。

自力で膣のゆるみを改善

盤底筋群の筋力低下によって膣がゆるむということは、その筋力を向上させてあげることで改善に繋がります。

やり方としては、尿道・膣と肛門をそれぞれ息を吐きながら締めていき、ゆるめながら自然に息を吸うという動きを繰り返すというものです。実際に膣が締められているかを確認するには膣に指を入れてみて確認するのが確実です。確認する時は膣内専用ジェルなどを使用すると安全に確認が可能です。

筋トレなのですぐに効果が出るわけではないですが、日々のトレーニングによって徐々に改善が期待できます。

手術をしないでも治療は可能

膣がゆるくなってしまいトレーニングをしてもなかなか改善しないという場合には、膣縮小術を受けることで改善が期待できます。サイズを小さくすることで締まりを良くするというものなので、確実な効果が期待できるものです。

また、薬剤を注入することによって膣縮小術を行う治療方法も出てきています。行っているクリニックは少ないですが、半永久的な効果が続くので注目が高まっています。

様々な治療方法が出てきて手術をしないでも治療できることから、非常に人気が高まっている治療方法です。

膣圧とはいわゆる膣の締め付ける力のことで、この力の加減によって男性の快感や、絶頂に達するまでの時間は決まると言われています。性行為への慣れや、出産で弱まってしまうことが知られています。